【 無事修了! 】 傾聴カウンセラー養成講座 5期

合格通知
半年間の人生で大きな転機となった 
傾聴カウンセラー養成講座 5期
おかげ様で無事に修了が出来ました。 




1年前聞くことも出来ない状態で、傾聴カウンセラーに
どうしてもどうしてもなりたい意欲だけで始めた学び。
 
 

自己開示、自己呈示、ジャッジなど過去の記憶の中から出そうとしても、
傾聴カウンセラー協会の講座はまったく別物。
カール・ロジャースが大切にした来談者中心療法を、ひたすら丁寧に
丁寧に積み重ねます。
    



私の聞くが聴くに少しずつ変わってきたのは、中級講座が終わる辺り。
傾聴カウンセラーになって、どう使って行くか?を考え始めた時に
私は福祉の現場で傾聴を活かしたいと強く思うようになります。
【 病院や行政どころか誰もアテに出来ないなら、
私がしっかりしなくちゃ】
と、2014年の12月鼻息が荒かった私^^;
 



母の状態が奇跡的に回復し、今後の生活について病院や行政と
再び話し合いを重ねて行く中で気付いたのは
【 聞いていなかったのは私。。。 】という現実。
   
   

母が元気になったのは、母や私に関わる方々が聴いてくれたからこそ。
< 福祉のことを傾聴カウンセラーとして学んで、
私が現場で活かしたい >
と心から思えた時に願書を出しました。






なんと4月から通信大学の学生になります。

合格通知


 

 

通信大学の合格通知は振込用紙が大きくて、母と笑いました。
今月中旬より教科書が届いて、新しい勉強がスタートします。
この半年は笑って泣いて笑って食べて、小さな私や頑張りたい私が
情けなくて愛おしくて本当に生きてて良かった。
   
 
私はすべての経験を活かし、チャレンジし続けます。







大切な人の話を聴ける人になりたい方はぜひ傾聴の初級講座へ。
2015年の初の初級講座2日間スペシャルは
4月25・26日(土・日) です。
詳細はこちら
 http://ameblo.jp/01039302/entry-11976677018.html

関連記事

ページ上部へ戻る